まだ疑問です。

今日は 27日。あっという間に1月が去っていきます。
最近ほんとに時間のたつのが速すぎます。
どうして子供の時には遅かった時間が大人になるにつれて速くなるのでしょう。
実験で同じ一分を性格に当てる正解率がもっとも高かったのは5歳前後でそれから2~4歳ごとに一秒長く感じるという・40歳では10秒多くなる・1年にすると1年が11ヶ月半と見積もると
Ossさんのブログにも書かれたことがあったように記憶している。

心理学者の観点から。
時速80キロの車を60キロの車から見ると速い、しかし100キロの車から見ると遅いと感じるのと同じことです・物事に対する変換スピードの違い、これが大人になるとゆっくりになる?
・(これではまだ私には理解できません)。

次に脳化学専門家からの観点から・。
脳には見聞きした情報を大脳皮質という記憶を保存するところに振り分ける海馬という場所がある。
海馬が働く回数が多いほど振り返る時間が長く感じる・・(ということは?まだ解かりません

子供は脳に蓄えるべき情報量が膨大だ・・でも大人になると経験、学習済みの内容が増えてくる・・そうなると海馬の出番も少なくなる・というわけだ。(すこし解かってきたかな

心理テストでは生活でも子供はイベント数が多い。したがって時間が長かったと感じる。
夢中で楽しんでいるときはすぐに時間が過ぎるが、退屈だったり苦しかったりすると過ぎる時間は進みが遅い。
その場で感じる時間と思い出として感じる時間も異なる。様々な要因が複雑に作用して人の時間感覚を作っている。(また解からなくなりました

では大人にも時間を長く感じるられるコツというのは・・
何でも興味をもって新しいことを学んだりして海馬が作業する回数を増やすこと、今までにない環境に飛び込む・・そんなことらしい。

要は体内の時間感覚で脳の活発度だという。
解かったような解からないような・
でもこのことを考える間もいろいろ悩んで、何度も読ん、海馬とやらを悩ませて働かせても・・やっぱり私の今日という1日もあっという間に終わりそうです。
【週刊子供新聞より】
a0076450_16283331.jpg

by hanairomimi201 | 2008-01-27 16:37 | うだばなし | Comments(8)
Commented by ririhallo at 2008-01-28 07:36
仕事、家事、編み物時々PC 、時間が足りない・・・私は???  ただのバカ かも~~!!??
Commented by あきの at 2008-01-28 08:26 x
わたしの考え方は、もっと単純です。
74歳のわたしは、一年が74分の一。七歳の子は…一年が7分の一だからです。
Commented by mitsuko_beauty at 2008-01-28 09:58
楽しい時間はあっという間に、過ぎますね
昨日もプチ家出は、あっという間でした 帰る家はここしかないのです
それを知ってかあの方は余裕の構えで、私を横目で見てお帰りだってさ
ダハハハ~読めれてるね
Commented by oss102 at 2008-01-28 10:48
私そんな難しいこと書いた覚えないねん。
海馬へいく血管がちょいと詰まれば記憶がなくなるのだと、怖いなぁ、と書いたかも・・・スキーのゴンドラに乗るまでの待ちの5分が、とても長く感じられましたよ。
Commented by hanairomimi201 at 2008-01-28 14:58
ririhalloさん
アナタは上手に時間を使ってらっしゃるわ~
だからいきいきしてるのねぇ・・私も頑張らんとアカンな~って思うのです。
Commented by hanairomimi201 at 2008-01-28 15:00
あきの さん
そうか・・実に単純明快・ズバリ回答です・・。
そう考えるとわかりやすいです・・おおきに。
その計算からしてやっぱり私の一年の速さは納得しました。^^
Commented by hanairomimi201 at 2008-01-28 15:03
mitsukoさん
ダハハ・・お帰り~って言われましたか・・相手はさすが年の功ですわ・・。
やっぱり観念しないといけませんかぁ~~。^^
時々は上手に空気抜きをしないと両方ともマイッチングになってしまいますからプチ家出もいいじゃないですか・・私も最近はしょっちゅう空気抜いていますよ・・。
Commented by hanairomimi201 at 2008-01-28 15:06
oss102さん
楽しいことを待つ時の時間はホント長く感じますね・
その答えで私の疑問をとく為の一つの答えになりますね。
海馬を働かせるように頑張らないといけないわけですよね・・。ハイッシーです。^^
<< 寒いねん・けど すきな場所 ・・・・というはなし >>