人気ブログランキング |

カスミソウが嫌いな少女

昨日久し振りに三姉妹で会った。
母の初盆以来だ・・母を囲んでの三人から今は自分達の暮らしに戻ってお互いおばあちゃんである。
姉が突然言い出した・・「おかあちゃんはアナタのこと(私)、自分が先立つ時は○子を連れていかんと世間さまに迷惑がかかる・ってよく言ってたけど勝手に行ってしもうたね・・」って。
それ程私は言うこと聞かずのきかん気な子だった。
私は5人きょうだいの2番目の女の子・・すぐ下に長男が生まれた。私は自分は要らぬ子だと思っていた。
どうして私が言うこと聞かない子だったか・・ただ母に可愛がって欲しかった・母に振り向いて欲しかった・・父のビンタも嬉しかった・・妙な子だった。

姉は市松人形に例えられるくらい可愛い子だった。写真をみるとなるほどと思う。妹はそれに輪をかけた美少女だった。
弟たちも皆美男・・今で言うイケメンというやつだ。どうやら私は父親似だったようだ。
母が娘時代には兵隊さんが敬礼して通ったというくらいの美人だったらしい。

母は花が好きだった。私は「カスミソウになんてなりたくないわ~」という ひねくれた少女だった。
同じくらいの歳の子は「カスミソウのように周りもキレイにするような人なりたいで~す」と言っていた。
私は「バラとかそれだけでもキレイな花に周りで一層引き立て役をするカスミソウなんてなりたくも無い、と~んでもない」って言ってた。それくらい変わった子だった。
母が「逝く時はこの子を・」・と思ったのも無理からぬことだったのかもしれないなと・今思う。

今はこんなに素直ないい女になったでしょ・これまでの苦労で「艱難・汝を玉にす・・」や・丸くなったでしょ・姉妹達は口を揃えて「そかなぁ・・」って・・シツレイな。
おかあちゃんが私を置いて逝ったということは安心して行ったということやね。

あ!・・今でもカスミソウ的人間ではないかもしれへんわ。
お母ちゃんゴメンな、でもまだあの世から連れに来んとってや~。
もうチョッと用事が残ってんねん
a0076450_9485687.jpg
言っときますが・・夫のおかげで息子はいい男、娘もキレイ・・。
by hanairomimi201 | 2006-12-09 10:17 | うだばなし
<< 何でも一万円ちょっと・・ちょっと 痛めてワカル >>