それはすごかった・・

天変地異というのはこういうことかと思いました。
昨日午前11時半過ぎ・・お日様は燦々と降り注いでいます・
当然・日焼け防止の帽子を目深にかぶって隣町まで買い物に行くために自転車をとばしていた。
その店は魚や野菜を安価で店頭で対面販売する私が気に入っている店だ。
ジャガイモがてんこ盛り250円、トウモロコシ3本200円、
押し寿司にするサバも3匹500円でちょっとした流行の大人買い。
・サツマイモも買おうかどうしようか・・チョット考えていた・・
ほんの15分か20分の間だった。
ところがにわかに空はかき曇り大粒の雨が降り出して、おまけにイナビカリが聞こえ雷まで。

これは動くに動けない・・「しばらく待ったらどうや・・」と店のおばさんが言う
そうやね・・と言いながら店頭に立って待つ・・道には王冠ができるくらい激しい雨・加えてイナビカリ
商店街のほかの店はシャッターを下ろし始めた・・これは困ったどうしよう・・
そこは濡れるさかい、中に入って待ち・・とおじさんが言ってくれるので店の中に・・

こんな雨は雨雲が通り過ぎるまで待ったらやむ・とおじさんが言う・
いつもの私なら雨が降ってきたら・雨宿りはしない土砂降りでも帰る主義。
でも「直ぐやむ、待ったほうがええ・」・とおじさんが言い我慢することにした。
やはりおじさんの言うとおりしばらくしたら空は明るくなってあっという間に陽まで差してきた。
なんやってん今の空・・誰かどこかで怒ってはったんやろか・・

雨の日・・哲学を学んだ
「開けない夜はない」・・「止まない雨もない」・・ほんとのことだ・・
もしかして辛い問題を抱えることになったとき、そんな時は一息待とう・待てば海路の日和あり
昔から言い伝えられていることはホントのことだ・・
どちらかというと私は先を急ぎすぎる・・いますぐの解決、答えが欲しい・・
そうして幾度か間違った道に迷い込んだこともある・・

今は特に一人で考え一人で答えを見つけなければならないのだ・・。
私は昨日の大嵐で大げさにも人生を考えた・
待っている間に思案していたサツマイモを買った
ほんまにアハハなおばちゃんである。
a0076450_13572846.jpg

by hanairomimi201 | 2012-05-30 13:59 | Comments(6)
Commented by oss102 at 2012-05-30 16:43
オカンのソックスに爪が引っかかったの?切っても切ってもすぐに爪は伸びるからね。(^^)
雨宿りに人生を考える。哲学したのね。止まない雨はない、よい考え方ですね。
Commented by sakura at 2012-05-31 06:37 x
そのほんの一瞬が待てなくて失敗、私も同じでした。
晴れた後は気持ちが良かったでしょうね。
ミミちゃん、わざとかしら?
Commented by hanairomimi201 at 2012-05-31 07:51
oss102さん
時には人の言うことに耳をかすということも必要だということにもなるなぁ・・とも思いました^^。おかん流哲学・・です(笑)
ミミの爪は切ったことがないのです・・爪とぎするにまかせています
Commented by hanairomimi201 at 2012-05-31 07:57
sakura さん
「お前は待て暫し・・という言葉を知らんのか・・」と小さい時よく父に意見されました・・^^
ほんとにウソのような天気ってこのことだと思いましたよ~
ミミがあまり気持ちよさそうに寝ているのでソットカメラを向けたら・靴下を逮捕されました・わざと・・でしょうね^^
Commented by あきの at 2012-06-02 08:56 x
わたしも濡れて帰る口ですから、ここに書いてある言葉は身にしみます。こっちも土砂降りだったりして梅雨のような天気です。
Commented by hanairomimi201 at 2012-06-02 09:18
あきの さん
いっぺん濡れたらいっしょや・と待たないで帰ってきます^^。
いつ止むか分からないのに・・という思いが先に立ちます。
そちらは今昨日の朝でしょうか・^^・
こちらでは梅雨入りまじかです・
<< イタタ 考えチュー・・ >>