どこまでが範囲?

昨夜またヤドカリ息子が出張でやってきた。
2泊の予定。
ミミはのんびりと にいちゃんの横でくつろいでいる。
これはリラックスしている表情らしい。
a0076450_15554572.jpg
時々シッポでスルリとお兄ちゃんの足を撫ででも行く。

ミミが来たのは息子が結婚し家を出てから何年もたってからだ。
だからミミから見るとあかの他人と同じはず。
娘はミミを保護した恩人だから長く会わなくても お姉ちゃんと認識している(もっともとっくに娘の歳を追い越してしまったミミですが・・)。
息子の嫁さんには距離をおいて近寄らない、娘婿には逃げないな・という程度。
孫達はミミからすれば時々会う知らない人で恐ろしい存在。
よく訪れるご近所さんは全く顔も合わせたことがないくらい恐怖の対象。

なのにミミはどうしてこんなに息子には娘と同じように気を許しているのだろう。
家族としての匂いとか空気とかが分っているんだろうか。

前に飼っていた柴犬のリキが死んだ時、今息を引き取ったという瞬間に北海道にいた息子から「リキどうしてる?大丈夫か?・・」って電話が掛かってその瞬間の悲しみを共有したという不思議を感じたものだった。可愛がっていたので死を教えに行ったのでしょうか。

ペットは家族・ということだとすれば、ミミからみた気を許せる人間はどのように決めているんだろう。
頭かくして悩んでるんですかぁ モシモシ~??
a0076450_16101985.jpg

# by hanairomimi201 | 2006-09-10 16:14 | ねこのはなし | Comments(8)

ミミのオシッコ・・

牙の病気以来ミミの体調が気になる今日この頃です。
昨日からなんとなくオシッコの出が悪いんじゃないか・・と気になっていた。
今朝近所のネコおばさんに尋ねてみた。
その人は捨て猫やノラ猫が産んだ可哀相な子など30匹あまり保護している
・いわゆるネコおばさんである。
その人が言うには「血が混じっていないか、極端に回数が減っていないか・食欲がないか・」そうでない限り心配ないのでは?・という。
「一匹飼いは分りやすいけど、大勢いるとどの子がどうなのかわからへんよ~」って笑ってた。
それはそうだわね~大勢いる子は目の掛け方もちがうわね・その分逞しくなるだろうしね・。
 
草を欲しがるので遂に鉢に入れて家に入れた。
近所の人がこれを見て「これなんです?・・」と聞く
「ミミの草です・・」と答えると「動物が居るといろんなこと考えるんですなぁ・・」と言ってわらってた。
家の中で育てられる雑草っていうのもメズラシイもんです
一見家の中で水遣りされて大事に育てられているようにみえて、実はネコに食べられる運命の雑草です
a0076450_14472680.jpg

気になるオシッコ問題は
砂をすっきり新しい物と入れ替えてみた・・よかった・・血もなく、シッコがしっかり固まっている。
なんだかゴロゴロしているのはまたぶり返した暑さのせいかもしれない。
昨日も大阪は35度くらいでした・・これじゃたまりません。いつ秋が来るのやら・・。
これいったい何?・・これはミミです。
a0076450_1457574.jpg

# by hanairomimi201 | 2006-09-10 08:25 | ねこのはなし | Comments(4)

厳しい環境に咲く花

高山に生きる植物達は相当な根性だ。
標高2450m室堂で咲いていた立山を代表する「チングルマ」
【この地方で昔、この花に似た稚児グルマという玩具があり、それがなまってこう呼ばれるようになったらしい】
これは実は果実だとか・殆んど雪の下という厳しい環境の中で、クリーム色した五弁の花を咲かせ、10~20センチ位でマッチ棒程になるのに10年は掛かる根性の花だ。
a0076450_1533983.jpg

これは下界でもよく見るような・・でも結局名前は分らないお花。
a0076450_15533394.jpg

これは黒部ダムの向かい側の壁のコンクリートにヒッソリ咲いていた。
ダムが放水されるのを眺め・揺れているこれも根性のある花です。
a0076450_1554116.jpg

旅行に行くと土鈴を買ってきます。それを見るとその場所を思い出す・・
今回は雷鳥を買ってきた。
a0076450_1556694.jpg


余談・・ですが
# by hanairomimi201 | 2006-09-08 14:28 | はなのはなし | Comments(6)

美観・壮観・・・感嘆

次の日も早起き・・
前の夜の酔いを醒ますために(アホですね・・)ひとりヒッソリ早朝4時過ぎから大浴場でビール汗を出したのでした。
それから元気百倍、少しむくみ気味の顔も冷やします。
いよいよアルペンルートへ・第一歩・。
a0076450_20265711.jpg
いきなり斜度35度のケーブルに乗る。
写真を撮ろうと張り切って立っていたのに殆んどトンネル・・だ^-^;アハハ...
それから立山高原バスで40分・・クネクネ道を走ります。
ところどころガスが出て雲の中を走っているみたい。
a0076450_2031151.jpg
やっと室堂到着・標高2450m・
そこは360度パノラマ、どこを見てもビューポイント。
a0076450_20382759.jpg
アルプスの少女ハイジの世界だ。
急にガスが出たかと思う晴れる、そうかと思うと小雨がパラツク。
それからトロリーバスに乗り、ロープウエイに乗り継いで・
ここは標高1828m黒部平・下っています。
a0076450_2203450.jpg
・またまたケーブルに乗り・・
着いたところはギャ~すごい景観黒部ダム(標高1470m)。
これが黒部ダムか~・わぁ~~・
中島みゆきさんが紅白の時歌ったという場所は今の時期でも寒いよ~私は紅白見ていないんですけどね
a0076450_2044582.jpg
観光用に放水しています
a0076450_20472241.jpg
もう少し良い場所で、もう少し全景を映したいと・・ドンドン上に登っていきます(煙と一緒ですね)。

自然は素晴らしい・・人間の力もすごい。
# by hanairomimi201 | 2006-09-07 09:21 | あそびのはなし | Comments(8)

黒部渓谷トロッコ列車

早朝大阪梅田を出発して、バスを降りたらそこは宇奈月の街
天気は晴朗
a0076450_12531824.jpg

いよいよトロッコ列車に乗ります
a0076450_12554294.jpg
パンフレットの写真と同じ空間にいるのです
森林の空気・レールの軋む音・冷たい風・前に後ろに迫る山々・ヤッパリ体験してみないと分らないこの臨場感。
わぁ~綺麗・・一度乗りたかった黒部のトロッコ列車って こんなんやったんや~。
a0076450_1303352.jpg
鐘釣駅の下を流れる黒部川に手をつけたら冷たかった。
エメラルド色した澄んだ流れです。
向こう岸にはまだ万年雪が残っている。
山の木々はもう紅葉が始まろうとして、黄色くなった葉もある。
万年雪が消えないのにもうそこに秋がきて、冬も迫って来ているのが感じられる。
a0076450_1362018.jpg

ダムを作るために設えられたトロッコ列車・・これを後に観光に生かすという目の付け所にも感心しながら往復2時間の列車の旅を終えた。
今夜はここで泊まりです。
# by hanairomimi201 | 2006-09-06 13:50 | あそびのはなし | Comments(14)

エッヘン! (^-^)v

一ケ月ぶりにヨガ教室に行ってきた。
久し振りなので身体が硬いです。
その上一日のお稲荷さんの階段登りでフクラハギも痛い。

ヨガのポーズの中でも一番効果があるポーズ、それは三点倒立・・。
内臓もリンパも逆さにするのでいいらしいです。
効果がある分危険も伴うので注意して行って下さいといわれた。

今から何ヶ月かかってもいいのでボツボツやりましょう・・と始まった。
「挑戦してみようと思う人・・」
「シーン・・」
そのうち何人かが手を上げた。もちろん私も・・。

転倒予防の為に、壁側を向いて正座する、マットに頭を付けお尻を上げる、徐々に足と顔を付けていく・タイミングで足を持ち上げる・それから天井に向けて真っ直ぐ足を上げる。
・・つまり壁にもたれないで頭で逆立ちです。
怖さが先立って誰もできない・・。
何のこれしき・・2~3回挑戦してみたら足がフット(シャレではありません(^o^))持ち上がった
・・できたのです・やったぁ~エッヘン・・でした。

今日またキュウリを見つけました。これは結構大きくなっている。
7~8センチぐらいです。・やったぁ~・エッヘンです・・。
a0076450_16115212.jpg
明日立山に行きます。
# by hanairomimi201 | 2006-09-03 16:31 | よがのはなし | Comments(10)

かっわいぃ~

葉っぱの陰からアラ!きゅうりがのぞいてる。
「かわいぃキュウリが できたどぉ~・・」です。
a0076450_8495620.jpg

虫さん食べたらアカンよ~
a0076450_8522978.jpg

# by hanairomimi201 | 2006-09-02 09:01 | はなのはなし | Comments(6)

9月1日といえば

9月1日というと、わたし的に言えば今年9回目(実際は母の忌中で三回休んでいました)のお稲荷さんにお参りの日。
あと3回でお正月なんていうと・・鬼もひっくり返って笑うでしょうね。
それから学校が始まる日・・学生で電車がまたいっぱいだった。

暦で言えば二百十日
・・立春から数えて二百十日目のことで、九月一日ころにあたる。
台風が来やすい時期に重なることから、農家では厄日として警戒する。・・とある。

今年は平均気温が29度だったとか・・明治時代に開設された気象台始まって以来3位の記録らしい。
あくまで平均値であって、殆んど毎日36度くらいでうだる毎日だった。
夜明けは確かに遅くなって5時過ぎにならないと明るくならない。
なんとなく吹く風も少し涼しくなった。
そうなるとあれだけイヤで辛かった夏も、なんだか懐かしく思われ寂しい気持にさせるのもまた秋の仕業なんでしょう・・。
空の雲も秋バージョン?
今朝は雨でした・これは昨日の空
a0076450_20785.jpg


頂き物・・私には似合わないよ~
# by hanairomimi201 | 2006-09-01 15:34 | うだばなし | Comments(4)

どうして五円○・なんだろうね・(?_?)

母が逝ったのは春だった。
右も左も分らないまま姉妹で母を葬った、何よりそれまで十数年の介護の日々の後悔と、母への思いが入り混じって気付くと私は円形脱毛になっていた。
いうところの五円ハ○だ。名前の根拠はわからないけどマルだわね。
できることはやった、母もそう思ってくれている・・と吹っ切るように過してきた。

知人は「介護に係われば係わるほど、あれもできたはず、もっと優しくすればよかった・・と後悔は残るもの、何もしなければそれも少ないもの・・」となぐさめてくれた・・そうかも知れない。
初盆も済ませ、夏休みも終わり、もう秋になろうとしている。
円形脱毛は時間が何よりの治療薬と聞いた。
髪の毛も今ようやく元通りになったところをみると時が過ぎたようだ。
馴染の美容室の先生も「問わず、語らず・・」だった。
私が「なきみそ(泣き虫)」だからでしょう。
a0076450_18462647.jpg

ヤッパリあの時、自分なりに心に重いものを持って過していたんだな・・と思う。
写真で見ると、耳は父親ゆずり・見掛け倒しの大耳だと今更ながら気付いた。

父は大きな耳は長寿のしるし・・と言ってたけど・大きな耳の父が67歳で逝き、反して貧弱だといわれた小耳の母が91歳まで生きた・こればかりは分らないものでございます。

ふと見ると今日はオットとペア色だ・・いややわ~
「今日は一緒にどこにも行かんとこ・仲良しやと思われるわ~・」
おかしくて手がふるえて写真もピンボケでした
a0076450_192345.jpg

# by hanairomimi201 | 2006-08-30 19:18 | うだばなし | Comments(6)

雑草はミミの畑

ただいま草引きひかえ中。
・・ミミが喜んで食べる草が見つかったから・・
今迄オトーサンが公園まで行って取っていたが、灯台下にありました。
ハナツルソウに気の毒ではありますが、ミミのためご勘弁を・・。
a0076450_894052.jpg

育て主に似て晩生の我が家の「タカラズカ」がようやく咲きました
a0076450_8143494.jpg
先日植えた秋キュウリも大きくなってきています・・一本だけでもでいいのです・・収穫したいです。a0076450_823685.jpga0076450_8215594.jpg
我が家にはこんな小さなシジミチョウしかやってきません・・美味しいものがないのでしょう。
a0076450_8244846.jpg

# by hanairomimi201 | 2006-08-30 08:27 | はなのはなし | Comments(8)